2016年12月8日木曜日

フィデル・カストロ議長の死を悼む (3)


カストロ議長の両脇から、ほぼ交互にキューバ人
日本人が並んでいます。カストロ議長の向こう側に居る
日本人のご婦人は通訳の方で、先日もテレビに出ていた
ように思います。
私が発言しているところですが、
私の発現は失敗でした(本文参照)。
フィデル・カストロ国家評議会議長との会食会は、非常に壮大なスペースで行われました。体育館ほどではないかもしれませんが、その三分の二くらいはある部屋に、カタカナのロの字型に机が置かれ、そこに2-3名に一つづつマイクロフォンがあり、そのマイクロフォンを使って、食事を取りながらおしゃべりをするという趣向です。

席は、日本の代表団のメンバーとキューバ政府のメンバーがだいたい交互に座るような感じになっていたと思います。

会食は、夜の9時ころから始まって、多分終わったのは夜中の2時ころだったのではないでしょうか。キューバの美味しい食事、豚の丸焼きのようなものも出たと思います。

カストロ議長は、南米では良い外交をしているようで、チリの大統領とも仲が良くて、とても美味しいチリワインが手に入ったので、それを今日は皆さんに飲んでいただきましょうということで、頂いた覚えがあります。

マイクロフォンで食事をしながら、会話をするということなのですが、この9時から2時までの5時間のうち、多分8割がたはカストロ議長が話をしていたのではないでしょうか。話は、キューバ革命の時代の話から、現在の小学校教育に至るまで、様々な話がでました。私の印象では、カストロ議長は、キューバ人の父親であると行ってもよいほど、国の中の様々なことを把握しているように思いました。例えば、学校給食では、子どもたちの良い栄養状況のことを考えて、ヨーグルトを出すようにして、それもプレーンだと嫌いな子もいるので、ストロベリーやバナナの味をつけて出しているというようなことを話していました。また、学校には日本製のテレビを入れたのだけれども、日本製のテレビは全く壊れないので、とても素晴らしいとも話していたと思います。

キューバ革命のころの話をしているときに、私と同年代のキューバ政府のかたに、キューバ革命の頃のことを覚えているかと話したところ、まだ幼稚園、小学校低学年だったわけですから、なんとなく覚えているような気はするが、はっきりとした記憶はないと話していました。

キューバの国の政策や歴史に、責任をもってコメントできないのですが、当時のカストロ政権では、カストロと同年代の政治家はほぼ失脚し、若い世代が政治を担うようになっていたと聞いたように記憶しています。

このような話の中で、カストロ議長はそれなりにラディカルなことも話していました。ひとりひとりの日本人メンバーの自己紹介をするなかで、私の番が来て、精神科の医者で、睡眠の研究をしているというようなことを話しました。そうしたところ、カストロ議長は精神科に関連して、犯罪の話になりました。カストロ議長は犯罪者というのはどのような社会体制で、人々の暮らしを良くしても出てくる。これは、遺伝的な背景も絡んでいるということも考えられるので、こういった遺伝子を調べて犯罪をおかす前に隔離することも大切ではないかと言われました。私は、ここで、「遺伝的な背景がそうであっても、教育など環境的な要因によって、必ずしも誤った行動をするとは限らないので、その前に隔離をするといのは、人権上も、日本では許されないと思われる。」と答えました。この、「人権」というところが、カストロ議長としては、聞き逃せなかったところであったようで、その後、約1時間近く、この点について、社会的正義との結びつきについて演説されました。

私は、なにか、1時間近くカストロ議長に叱られているような感じで、非常に大きなプレッシャを感じました。そのうえ、場の雰囲気を壊してしまったような気もして、翌日皆さんに謝まりました。

そんなことも有りましたが、しかし、非常に価値のある経験だったと思います。今から考えると、本当に懐かしい思い出です。  (つづく)

2016年12月3日土曜日

【緊急エントリー】 Jリーグ チャンピョンシップファイナル 優勝 鹿島アントラーズ

レッジサポとしては、なんとも言えない結果に終わりました。
年間勝点1位
年間順位2位
レッズサポには変わりないのですが、
優勝チームに山本脩斗くんが居たのは
とても嬉しい発見でした。
彼は、学生時代私の講義をよく取ってくれて
そして、真面目な良い学生でした。
しかし、最初からわかっていたルールですから、結果を受け入れるしかありません。
浦和はこういうことが多いというのもこれまで経験してきたこと。
また1年間の努力が必要となります。
浦和の人たちは、また一年いつものように働き、そしてレッズを応援することになるのだと思います。
レッズが居てくれることは、それでも、私が子供の頃から育ってきた街の人間としては嬉しいことです。



フィデル・カストロ議長の死を悼む (2)

フィデル・カストロ議長との握手
カストロの評価はいろいろと分かれますが、
彼と握手をしたという経験は
やはり記帳なものだと思っています。
到着した革命宮殿は、立派な建物でしたが一体どこにあったのかはよくわかりません。(革命宮殿という言葉は、正式なことがかどうかはよくわからないのですが、そのように日本人の間では呼んでいたと覚えているので、そう書いています。また、Google検索などで調べると、最近はオバマ米国大統領が革命宮殿でフィデル・カストロの弟であるラウル・カストロと面会したということが書かれているので、革命宮殿という名前もそういった建物もあるようですが、地図上ではっきり見つけられませんでした。)チェ・ゲバラの絵の付いた、革命広場の前を通った覚えはあるのですが、どのように通ったのか覚えていません。

革命宮殿のセキュリティーは非常に厳重でした。我々は日本からの公式の訪問団だったので、それでも比較的緩やかだったのだと思いますが、持ち物は全て出すように言われました。そして、持ち物は自分たちとは別の方向に運ばれ、我々はセキュリティーチェックを受けて、建物の中に入るという具合です。中で、持ち物は返してもらえます。

部屋に通され、そこで飲み物などを飲んでいると、いよいよカストロ議長が現れました。本当に胸の高鳴る瞬間でした。カストロ議長は、背の高いガッチリした老人でした。私がお会いしたときは、70代でしたが、現役で執務をこなしており、非常に健康そうでした。

一通りの挨拶が終わったあと、一人ひとりと握手をし、写真はキューバ政府の担当者が撮影いたしました。このときに頂いた写真がこれです。

このあと、少し歓談した後に、午後9時ころに着席の夕食をとりながら、訪問団とキューバ政府関係者との懇談が行われました。

(つづく)

2016年12月2日金曜日

【緊急エントリー】 Jリーグ チャンピョンシップファイナル - 浦和レッズ vs. 鹿島アントラーズ

浦和の街を歩いていたら、写真のようなカードを配っていました。久々に浦和の街が燃えている気がします。レッズについては、もちろんリーグ戦のさなかでも浦和の街が盛り上がりますが、私が本当に大きく盛り上がったなと経験したのは、J2に降格した翌年に、J1に復帰した夜のことです。これは、浦和の街が盛り上がるだろうと思って、スポーツ科学部の同僚と力に行きました。スポーツ科学部の同僚は、スポーツ史を先行している教員で、楽しみ半分、研究的興味少しという感じでしたが、現場では本当の盛り上がりに驚いていました。そこで、浦和ボーイズの相良さんと話をしたりもできて、本当に良い経験でした。

北浦和駅前で配られていたカード
見逃せない試合です。
チケットは、なかなか手にはいらないようですね。
また、アジアチャンピオンズリーグで優勝したときにも同じように街は盛り上がりました。これが、2006年のことだったわけですね。その時のステッカーはまだ大学の自分の部屋に貼ってあります。

あれから、10年。レッズは決して弱くはありませんでしたが、優勝できずに来ました。そして、明日、その優勝が決まる可能性が高いわけです。

絶対に負けられない試合が、そこにある。

レッズサポは、「鹿狩」と表現していますが、その鹿狩を是非達成してほしいものです。

うらーわレッズ!


2016年11月26日土曜日

フィデル・カストロ議長の死を悼む (1)

以前キューバ訪問のエントリーを書きました。2002年の12月にキューバに行った時の話です。その中ではまだ触れていませんでしたが、フィデル・カストロ議長に面会するチャンスを得ました。そのことをすこし書いてみたいと思います。

私は自分でこの面会をアレンジしたわけではないので、これはすべて聞き伝いの話ですが、安部総理のような訪問は別として、一般にはカストロ議長にアポイントメントを取ることはできないようです。私が、キューバに行ったのは、日本キューバ経済懇話会の科学技術部会担当者として行くように言われたのですが、これは以前のエントリーに書いたように、キューバ神経科学研究所のペドロ・バルデス所長との交流によるものからでした。

フィデル・カストロ議長との懇談の場で
2002年、もう14年前ですが、自分も若いですね
キューバについて、様々な施設を訪問し、他の訪問団の面々は経済面での交流を試みたわけですが、私は主にはキューバ神経科学研究所を訪問したり、私自身の調査対象である、ハバナ市内の精神科のディケア施設などを訪問したり、またスポーツ科学の研究施設を訪問したりしていました。

ある日、もしからしたらカストロ議長に会えるかもしれないという噂が訪問団に流れました。この噂は、一体どこから来たものかは不明なのですが、不確かだがそうらしいということでした。しかし、だからといって、いつどこに集まるということは特に指示はありませんでした。例によって、私が神経科学研究所を訪問していると、研究所の面々から、「お前はフィデルに会うんだろう。」と言われました。私は、「噂だろう。」と笑って話しましたが、彼らは、もしあったら神経科学の研究もよくやっていると言っておいてくれと話されました。

キューバはご存知のように社会主義国ですが、メンタリティーは明るいです。また、国家の施設のトップの人達は、ファミリーのように交流があるようにも思えました。ただ、所長のペドロ・バルデスは、長いことフィデルとは話をしていないなぁと言っていたので、そんなに頻繁に出会うわけでもなさそうでした。

そんな中で、急に電話があり、すぐホテルに戻るようにと言う招集がかかりました。目的は分かりませんが、すぐ帰れということです。帰ったところ、バスが何時にロビー前に来るからそれに間に合うように準備をするようにということでした。はっきりとした指示はないのですが、噂で、どうやら「革命宮殿」に行くようだということでした。私は、スーツに着替えて集合時刻に間に合うようにロビーに集合しました。

バスに乗り込み、そしてはっきりと革命宮殿に行くと情報が入りました。いよいよフィデル・カストロ議長に面会ができるようです。胸が高鳴るのを感じました(つづく)。

2016年11月21日月曜日

上尾シティーマラソン

上尾シティーマラソンに参加しました。参加した理由は、私も来年3月に早稲田大学を退職するので、その前に早稲田大学の駅伝選手たちと一緒に走ってみたかったからです。この上尾シティーマラソンは、ハーフマラソンと5kmのエントリーがありますが、私はハーフでなく、5kmにエントリーしました。

私のエントリーは12011です。
勿論、学生たちはハーフです。たくさんの大学が参加していますが、箱根駅伝へのコンディションチェックの位置づけにもなっているようです。この大会が、学生にとってはとても大事な大会であることは以前から知っていたのですが、参加しようと思ってなかなか参加できずにいました。

結果は、30分を切れたと思いますが、エントリーのナンバーと結果に出ている人の名前が違うなどで、チップによる自分の結果は分かりませんでした。多分28分くらいだと思います。

それよりも、早稲田大学の調子が良かったのがとても嬉しかったです。あと、1年少しで箱根駅伝です。2017年は、是非優勝してもらいたいものです。

2016年11月15日火曜日

仕事が睡眠確保の妨げに 厚労省調査 (朝日新聞記事)

朝日新聞の記事によれば、厚生労働省の国民健康・栄養調査によって、20代から50代の男性の3−4割の人たちが、仕事が忙しくて眠る時間が取れないということが明らかになったということです。一般の人達に対する調査なので、頭に入れておく必要があると思いました。

私が普段接している患者さんは、何らかの問題があってクリニックに来る人達なので、いわゆる一般人口とは違います。しかし、一般人口のなかで3−4割という高い割合の人達が仕事が原因で眠れないと思っているのは、非常に大きな問題だと思いました。

ある人の睡眠時間がどのくらいかということは、なかなか正確には図りにくい面があります。勿論、活動量計と呼ばれている、多くは腕時計型の装置を用いて24時間活動量を測定すると、その中で睡眠をとっている時間帯をある程度正確に特定することはできます。しかし、そういったものなしに、ただ何時間くらいの睡眠時間ですかと聞くと、多くは7時間くらいかなとか、6時間半くらいかなと答えますが、実際に測定してみると大抵はそれよりも短い時間になる場合が多いです。幾つかの理由が考えられますが、一つは普通に満足して眠る睡眠時間を平均的睡眠時間として、それを答えているということがあります。しかし、実際は、3日に一度くらいは飲み会があったり、遅くなったりして、平均するとそれよりも、30分からときには1時間位短い実測値となるということです。あるいは、布団に入ったあとに、スマホをやったりするのが習慣になっているけれども、その時間は入れていないという場合もあると思います。

私の患者さんの中には、睡眠時無呼吸症候群の治療としてCPAP(持続式陽圧呼吸療法)をやっている人たちが大勢居ます。最初は、日中の眠気ということで来院され、無呼吸が発見されCPAPを開始するわけですが、これによってCPAPをつけている毎日の時間がわかります。その中には、睡眠時間がとても短い方もおられます。そうしますと、CPAPをやっても、絶対的な睡眠時間が短ければ、やはり日中は眠いわけです。そういった中で、忙しい仕事をしますから、当然ストレスはより大きくなり、結果としてはうつ状態になる人も居ます。

この記事は、仕事が睡眠確保の妨げになっているということですが、雇用者から見ると、「睡眠が、仕事時間確保の妨げになっている」というような意識があるのかもしれません。そうであれば、労働者が健康に仕事を続ける環境を阻害するという結果になっており、これは改善する必要があるとも思います。このような、勤務時間についてのデータは、今回の電通の例を考えても、正確でなく企業に都合の悪い部分は隠蔽されてしまっているかもしれません。

いずれにしても、このデータは深刻な事態で、早急に改善されるものだとも思いました。